7月8日 土曜日より、開廊時間を変更致します。

 

14:00 - 19:00   火曜日、水曜日 休廊

 

今後とも、よろしくお願い致します。

EXHIBITION

 

 

エデンの子供たち

 

三枝 由季

Saegusa Yuki

 

 

2017.9.9 sat -  10.1 sun    1期 アダンの場合

   10.7 sat - 22 sun      2期 リリトの場合

  

イヴァやリリス マリアやガニュメデス パンドラやプロメテウス
バッカスとレオナール 思いを馳せて絵描くは絵空事 始まりの土地とは一体全体何処彼処
始まりの土地から育まれしは 開放と罪と希望とそして 甘美なる物語を担ぎ込んだ者たちよ
(※会期中、作品を二期にわけて展示します。)

 

 

spectrum

 

つづき りょうこ

Tsuzuki Ryoko

 

2017.7.8 sat - 8.6 sun

 

7月8日 16:00  ライブペインティング

    18:00  オープニングパーティー

 

私は、作品を作ることを『私自身のモチーフへの印象』と【モチーフ自体が持つイメージ】とを混ぜ合わせ、ろ過する行為であると考えている。これによって他者に、私の中の感覚・感情といった『目に見えないもの』を感覚的にまっすぐ伝える事、また自身の感覚を目に見えるようにすることで他者と感覚を共有することは出来るのではないかと考えて、制作をしている。
  私は作品を作るとき、まずドローイングを落書きのように即興的に描き、それをシルクスクリーンで刷っている。シルクスクリーンで刷ると、画面は濃淡や筆跡などの様々な要素が無くなり、平坦なインクの集合体へと変身する。すると同じ線でも軽く、重力を感じさせないような線となる。この行為によって単純化された線は、私の中の漠然とした『目に見えないものに重みはない』というイメージに合い、より私の考えている事をわかりやすく表す。そのため、私の中で『重みのない線を描くこと』は『目に見えないものを描くこと』へと繋がり、必然的にシルクスクリーンという技法を選ぶようになった。
                             作家ステートメントより引用

 

 

 

 紋のかたまり

 

今村 文・森田 晶子

 

2017.5.6 sat  -  6.18 sun

オープニングレセプション 5月6日 土 18:30

 

時空の異なる2つの場の領域で2人の芸術「宇宙」、それらの

領域が多世界で構成する個々の構造世界は、特性をランダムに

異なっているが同じ自然法則に従う。

万物は、対立する物から始まる。弁証法的な空間構成のもと

2人の文形の消失点をみる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ふたつのチューリップ2 今村 文

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

transister    森田 晶子

PAST